工坊

日常の想いや出会いをフランクに綴ります。〜from 2005.1.10〜

     娘家族と共に沖縄に旅してきました。久々に妹とも会えることができてよかったと思っています。
今回は家内と共に、若い3人(孫を含む)に全てお任せといった具合でした。名護市にあるカヌチャベイホテルは水平線を望める最高のロケーションで、楽しい思いをしてまいりました。

工坊
P1060497


























































P1060498





















美ら海水族館のジンベイザメ
P1060561
































 自分たちが小学生から中学への楽しい時代の出来事を綴ったものです。懐かしいなぁ・・・。人や車の往来が目まぐるしく変化した様子が子供の目からも感じられた時代でした。
(出典:昭和30年時代を歩く〜三推社◎講談社)

工坊
懐かしの昭和三十年代S

 中学生の頃、長屋の二階から眺めた航空自衛隊のスクランブルによる五輪の輪を微かに記憶しています。両親は発売された記念のコインを購入していたようです。半世紀を過ぎ、保管状態が悪くすっかり黒ずんでいました。何となく取り出して磨いてみました。再販できるような品物ではありませんが、次の世代に引き継ぎたいと思っています。再来年の開催が楽しみです。
工坊
東京オリンピック記念コイン

 やっと両手と両足そして頭を繋いだ全体像ができました。これから胴体部分へコントロール基板などを搭載してまいります。
工坊
ATOM全体構造s

   何事も実際に試すことで感覚が芽生えるもの。余計なことや恰好などを気にせずに・・。サーボモーターの回転を物を掴む手に代える。そんなことを実感しました。
⇒  ちょっと時間がかかりましたが、一年生から卒業した工作をしました?。
工坊
P1060457
























握り手

















































このページのトップヘ