工坊

日常の想いや出会いをフランクに綴ります。〜from 2005.1.10〜

 昔買った本の中の画像です。あまり細かなところに注目しても2つのハートは重なりませんね。
(『どんどん目がよくなるマジカル・アイ』宝島社から借用) ここでもサンプルが見れます。
工坊
マジカルアイ

 Wと知り合ってから間もないころ、自分の心がどこかに行ってしまうような、心ここにあらず、自分が自分でないような感覚に苛まれていました。そのような時に自分の思いを紙面に表す(PCに打ち込む)ことで多少なりとも心が落ち着くような思いでした。二人の会話は、ワレンベル具症候群で痺れた左半身の自分を『W』と呼び、本来の右半身の感覚を含めて自分(『O』オーナー)として、掛け合い漫才のごとく話をさせてみたのです。こんな思い付きを12年間かけて32話まで綴りました。多少の挿絵を添えてみましたので、イメージも変わったと思っています。ワレンベル具症候群に苛まれている方は、比較的働き盛りの方が多いようで、しかも私よりも重症な方もいらっしゃるようです。元気だった日常に戻れないもどかしさや悔しさは計り知れないものがあると想像します。このようなフザケ半分で作った?(本人は必死でしたが・・)と思われるものが何かのお役に立てば幸いです。
二人の会話二版 at HP  
工坊
https://www.youtube.com/watch?v=FMAgyahc8xo&feature=youtu.be


P1050291










































P1050292























9c2d6b5c[1]

    日曜日、知人が代表を務めるマンドリンオーケストラの定期演奏会を聴きに行きました。神奈川県民ホールでの開催でしたが、ちょっと時間が早かったため久しぶりに人形の家を見物しました。世界の各地で紛争の耐えない状況はいつ終焉するのでしょうか。世界の人形を見ていると、一日も早くもっと賢い動物になってほしいと思うのです。
工坊
P1050287





























































 自宅の庭先にかわいいクロッカスの花が咲きました。家内がずっと見守っていたものです。春はそこまでやってきているようです。
工坊
春の息吹

 娘たちの二家族が私たち夫婦の結婚40周年記念を祝ってくれました。ありがたい話です。中でも孫娘がくれたお祝いの絵には思わず目からジワリとしずくが落ちました。
工坊
うかい亭にて



























ユリちゃんプレゼント表
























ユリちゃんプレゼント裏s

このページのトップヘ