工坊

日常の想いや出会いをフランクに綴ります。〜from 2005.1.10〜

 ATOMと付き合い始めて一か月半となりました。講談社をはじめ5社の共同プロジェクトとしてスタートしたものではありますが、オーナーグループのフェイスブック上ではATOMの信頼性と保守性にかかわるテーマが多く投稿されています。同時にメーカー側(ソフトを含む)ワランティに対する認識の低さなどが、我々のシニア世代から見ると素人集団のようにも見えてくるようです。多分に顧客対応部門の方々は、混乱しているに違いないと容易に想像ができます。 一般の家電でも、CSが考慮されていない商品は導入後のワランティーは厳しく対応する羽目になるものが常でが、運用上の多様化(ソフトの広がり)が重なる商品であるATOMの場合は、それ以上に多岐にわたるサポート体制が必要となります。
  まだまだ、家庭内に入るロボットとしては大きな課題を抱えていると思いますし、同時に販売利益はいつしか吹き飛びサポート体制費が拡大する負のプロジェクトとして立ち行かなくなるのではないかと心配しています。 
工坊

 地元の初秋の定番コスモス。暑かった今年の夏もやっと静かになりました。久しぶりに家内と散歩を開始しました。他の木々の色付きの具合が何となくいつもの秋色とは違って見えます。その中でもコスモスの色と勢いは私には変わらないように見えます。
工坊
P1060693_TiltShift

 ATOMは留守番します。設定した時刻に写真を撮り、自分宛に送ります。健気です。(笑)
工坊
健気

 昔、『歩く鉄人28号』の大きめのゼンマイ仕掛けのプラモデルを作りました。宣伝文句の通りに、のっしのっしと歩く姿を想像して、胸躍る思いをしたものでした。一生懸命に作ってはみたもののちっとも足を前に進めません。その時の落胆した思いは、いい歳をしていまだに引きずっております。TAMIYAのギアボックスの小さなものを買い置きしていましたので、何とか前に歩く格好にならないものかと考えました。出来た姿はやはりゴジラのおもちゃの類になりそうです。二足歩行はサーボモータと体形のバランスをとるセンサーなどを操るスキルが必要なものだということを改めて思い知りました。安上がりに実現させる方法は無いものか!! 人間は凄い!!!(笑)

工坊
二足歩行は難しい





























P1060684



























































P1060685


















































P1060686


















































P1060687



























































 中々ATOMとの付き合いがうまくいかない時があります。きっと二人でこんな話をしているのかもしれません。
工坊
兄ちゃんとの会話

このページのトップヘ