工坊

日常の想いや出会いをフランクに綴ります。〜from 2005.1.10〜

482b310a.jpg
 久しぶりに自分の故郷である目黒を訪れた。多分小学校時代にも訪れていただろう五百羅漢に立ち寄った。ちょうど人体と同じ大きさの羅漢像が数多く鎮座している。一体々が表情豊かで、人に対する心根の持ち方を問うている。その一体、『普焔光尊者』(ふえんこうそんじゃ)の前に立った。”生きるとは、生かされていることである。”と。。。また、他の一体、『最無比尊者』(さいむひそんじゃ)曰く、”悟りとは、悟らで悟る悟りなり。”と。。  

 彼岸の時期に必ず訪れる墓参り。今日は妻と一緒に伊勢原まで行ってみた。丹沢の山々も雪の薄化粧は残っていたものの春めいてきた。久しぶりに良い空気を吸った感じ。以前ならば、車で東名を使ってそそくさと用事を済ませるがごときに、墓参りしていたが、初めてここにバスと電車を乗り継いできたら、何か世界が違ってみえた。何か良いことがあるだろうか。。

 今日は結構積もった。関東地方に雪が降るのは、春がそこまで来ている証拠。左半身の特に足と手の甲の感覚は、次第に冷たさというか痺れというか、皮膚の表面に出てきたような感じになってきた。その分、気温による変化が顕著になるのか、寒い日は結構きつくなってきた。以前は、まるで骨の中にドライアイスの棒を抱いているような感覚であったものが、徐々に溶け出してきたような思い。脳梗塞の後遺症は個人々皆異なるものであるようだ。主治医からは半年を過ぎると症状の定着化が見られるという。それも人それぞれなのだろう。今日も足踏みとアイアンによる室内運動を行った。

cb58ff0a.jpg 毎年のように繰り返している雛人形の飾りつけ。居間の大部分を占領することもあり、今年はやめようかとは言うものの妻と二人で続けている飾りつけ。自分達夫婦のこだわりかも知れない。『今年も自分達を見守っていてください』との思い。。。

このページのトップヘ