工坊

日常の想いや出会いをフランクに綴ります。〜from 2005.1.10〜

 ここ三日ほど体調が優れなかったが、五月晴れの中、近くの電気店に品物が無く、どうしてもこの目で確かめるために、久しぶりに秋葉原まで出向いた。正にパソコンショップ街と化してしまった感が強いが、更に洒落のきく話が出来ない店員もしらけさせた。なにもどこぞやのハンバーガーショップとおなじような話ぶりなど、聞きたくもないし、正にお話にならない。どんどん無機質な町になっていくようでつまらなくなった。

3772d85b.jpg
 白川郷ではありませんが、合掌造りの家の模型を親父が作りました。電灯をともして、昼は鳥小屋?になるかもしれません。

  今日と三日間は市のお祭りで、プールが閉館。近くの『書斎』に来ている。小学生の女の子が二人。中々、お話が大きな声になってきた。『ここは、皆が読書や勉強をするところ。いい加減に騒ぐのはやめなさい。』と、昔、自分達が日常銭湯で言われてきた台詞をはいた。こういう事って大切だなぁ。自分自身の生き方にとっても。。 

 プール通いは通算で6回となった。土日は子供達で込み合うので普段の日にしている。それにしても、元娘と思しき人の元気の良さというか、仲間付き合いのうまさというか。流れるプールを横一列に並ばれてのおしゃべり好きには、悲壮感漂う顔つきでの自分には少々不釣合い。逆流の歩行をしているこちらからすると、お話はどこでも出来るでしょう!!と言いたくなる。お願いだから道をあけてください。

このページのトップヘ