工坊

日常の想いや出会いをフランクに綴ります。〜from 2005.1.10〜

742ac2ac.JPG マウスでの絵描きは難しいので、大分前にタブレットを購入。自分の顔を描いてみたものの難しいものだと実感。やっぱり訓練が必要ですかね。大分若すぎる工坊となりました。

926ffc69.jpg お気に入りのCUBE型PCのマザーボードが不調になった。mini-ITX規格とは言うものの他のボードはコネクタの位置と種類はさまざま。結局、このケースを生かすためにコネクタ部分のアルミを削った。これでどんなボードでも搭載できる。代償は、背面の見てくれの悪さとオークションにはジャンク品としての出品とならざるおえないといったところ。これからも、このCUBEを手放さないだろう。気に入ったものは、とことん使うつもり。

c3e4237f.jpg 今風というか、高品質?を謡うコマーシャル風に言うと無垢の天然木材使用となるのでしょう。孫の椅子を改造(継ぎ足し)した自分用の椅子。腰痛が気になる我輩にとっては、腰を固定する固めの小さな椅子はすわり心地良し。木は継ぎ足すことで材料を無駄にすることがありません。

O『Wよ、そろそろお前と仲良くやっていかなければならないという覚悟みたいなものが俺にも芽生え始めたよ。』
W『ご主人も一年かかって、やっと大人になってきたようだねぇ。俺との付き合いというのは 敵のように感じてくれても、余計にO自身の気に障ることでしかないんだ。』
O『どうも、お前の言うとおりの様だなぁ。それでも、お前の姿がはっきりとしてきたような 感覚が俺にもゆとりを与えているということも事実だ。相手の姿が見えないくらい不気味なものも ないからなぁ。』
W『そうか、それもそうかも知れないね。同時に俺の仕草の癖みたいなものの理解も時がOに少しずつ気がつかせているのかもしれないね。』
O『それでも俺自身は、W、お前をいつまでも許しておくつもりも無いよ。これからは、より 長期間の持久戦に持ち込んでゆくからな。』
W『大いに、結構ですよ。受けて立とうじゃないの。』

 自宅のNTTレンタル機器(光電話対応型ルータ)をいじったために立ち上がらなくなった。初期化しようと説明書に従って行ったのにもかかわらず、その後設定困難に。サービスの方を呼ぶ手配し、一日半放置状態。何気なく、再度読み返してみると正常に初期化されていた。自分の勘違い。最初何も悩みもせずに順調に行ったことは、どうしてこんなに忘れやすいのか。それに比較して、悪戦苦闘した事柄は、決して忘れないものなのに。人生も然り、旨く行かないことのほうが自分の知恵として残るものだなぁ。

このページのトップヘ