工坊

日常の想いや出会いをフランクに綴ります。〜from 2005.1.10〜

a32c4a1d.jpg
 昔、ある夏のお不動様の縁日。母親が作ってくれた浴衣を着て、誰かに手を引かれながらの帰り道。あたりが夕焼けに染まる頃、ひょつと見上げたのが、この如来様。どこか薄気味の悪いような。。それでいて、自分達を見ているような、変な気持ちになったことを覚えている。『あの頃から随分時間が経ってます。自分を覚えていただいておりますか?これからも見守っていてくださいね。。。』

45df1927.jpg
 昔、品川沖の海中より姿を見せたお地蔵様。自分の身は削られても
人々の幸せを祈ったそうな。。不憫に思った人々がお地蔵様を
供養し、ここ目黒の大円寺に。。訪れる人の病をとろけさせるという。。

 同じ病で倒れられました方からの丁寧なメールを拝見できた。自分の回復への意欲につながった思い。自分も積極的に生きなければ。。。

 ワレンベルグ症は吐き出しにくい。咳、声、くしゃみ。。自分にとって元気なくしゃみほど、アリガタヤ、アリガタヤ。。。やっと出た!

 近くの冗談の利く開業医との話。自分の病は、いわゆるワレンベルグ症候群。知覚センサーのチップが不良。温痛感覚のセンサールートが途絶えている。『セメダインかなんかでくっつけること出来ないの?』『少しずつよくなるよ。いまより悪くなることは無い。でも、何年も掛かるよ。。ひょつとすると駄目かも??』『お友達づきあいをしないといけないかぁ。。。』

このページのトップヘ