工坊

日常の想いや出会いをフランクに綴ります。〜from 2005.1.10〜

 いつ頃かは忘れましたが、和泉川を最寄り駅方面に散歩している途中で、保育園の児童と引率されている保育士のお姉さんの一行と出会いました。川を挟んで向かい岸にいる者同士、『こんにちわ〜!!』と大きな元気な声を上げて挨拶した覚えがあります。何だかここにこうしている自分がすごく幸せな感覚に浸った思いでした。
工坊ちびっ子たちとの出会い

   初夏を思わせるような昨日。家内と7〜8Kmを散歩しました。いつもの和泉川の畔から、ぐるっと回ってテクテクしました。(笑)   動画のBGMはTAM  Music Factory よりお借りしています。
工坊


P1050496
























P1050499





















P1050504





















P1050509




















P1050516
























P1050517





















P1050518





















P1050519





















P1050527





















P1050528























































P1050530


























P1050531























































P1050532
























































 Wと出会って以降、年が明けるたびに年単位の手帳を利用継続しています。『今この時を生きる』ということを年単位で鳥瞰してみたいと思ったから、いえ々、このように生きながらえているということだけで幸せだという実感を保ちたいと思うのです。お陰様で干支が一回りしたのですね。
工坊
P1050495

 Route66の旅は終わります。Rout67を探しています。そろそろ見えてきました。どうも見晴らしの良い舗装されたFreeWayのNewRout67ができているようです。右折するあぜ道は、Historic Route67。霧の多い見通しが悪く、道端には見覚えのあるような使い古しの道具や本が転がっています。これらのものを整理しながら運転しなければならないようです。天邪鬼な自分は右にハンドルを切る予定です。どちらも一方通行。引き返すことはできないようです。
工坊
Foggy_route67



























このような静かな落ち着きのある風景であれば良いのですが・・・
route67paint_TiltShift































376440c4[1]

このページのトップヘ