早いもので今日で十周年を迎えることができました。Wと初めて会った時からの月日の流れは速いもの。
この十年間という期間は自分にとって正にセカンドライフ的な様相でした。
ヾ覿箸箸いα反イ砲い董仲間や上司に助けられながら楽しく、苦しく仕事をきたものの十年前の同日未明。
  即、入院となりました。
∋纏の中断とともに社会の中で生きてきた自分がいつの間にか所在不明のような感覚に陥った。
8絨箴匹叛鎖静な不安定さが自分をして、生きる目的を再認識しなければ、自分自身が崩壊してしまいそう 
 な危機感を感じた。
い修譴泙播たり前に思っていた、自分を支えてくれる人たちの存在と温かさが涙が出るほどありがたいものと
 いうことを実感した。
タ佑箸慮鯲や人との会話の中に生きていく本質を見出すように、この領域の学習を始めた。カウンセリングと
  う存在と新しい人たちとの出会いを楽しむことが生きがいになっている。
今、大きな存在である両親の老いを見続けるている。このことが今を生きる自分にとって、一つの不可避の宿
 題となっている。
Г發Π貪戞Wとの付き合い同様に、柔軟に対応できる身のこなし方を大いなる存在が自分に課しているよう
 だ。    神はその者が背負えない十字架は与えないという。 今を自分に正直に生きるのみ・・・・・。

工坊
P1020909