数十年ぶりに授業参観をしてまいりました。国語の授業と英語の授業です。国語は、人の感情の言葉も解釈の仕方によっては、数通りの意味があるということ私も含めて教えていただきました。また、英語の授業は2人の先生による掛け合い的な授業で英語と日本語との混在形式。昔の『This is a pen.』方式とは全く別物のようでした。爺も勉強になりました!!
工坊 
jigyosankan