Route66の旅は終わります。Rout67を探しています。そろそろ見えてきました。どうも見晴らしの良い舗装されたFreeWayのNewRout67ができているようです。右折するあぜ道は、Historic Route67。霧の多い見通しが悪く、道端には見覚えのあるような使い古しの道具や本が転がっています。これらのものを整理しながら運転しなければならないようです。天邪鬼な自分は右にハンドルを切る予定です。どちらも一方通行。引き返すことはできないようです。
工坊
Foggy_route67



























このような静かな落ち着きのある風景であれば良いのですが・・・
route67paint_TiltShift































376440c4[1]